年代が変わっても良質の女性が集まる雄琴ソープ
雄琴ソープ街へ出稼ぎ

平日の雄琴ソープなら新しい発見があるかも

風俗の王様とも呼ばれる日本の性風俗における最高峰といえばソープランドですが、そのソープランドが元々はトルコ風呂と呼ばれていたのは広く知られる話で、最初のトルコ風呂が作られたのは1951年のこと。東京の銀座に出来たのを皮切りに、日本最大の遊郭であった吉原を始め、各地の遊郭跡に続々と広まっていきました。数多くのトルコ風呂が集まり、一つの区画に集約されて今でいうソープ街が各地に出来上がるわけですが、そんな中で一番遅くに出来たのが、滋賀県の雄琴のソープ街です。

現存するソープ街の中では最新と言えるこの雄琴ソープ街ですが、他のソープ街と違って昔は遊郭だったとか青線・赤線地帯だったとかそういった歴史は一切無く、それ故に他のソープ街と違った形で発展してきた場所です。

一番違うのはその立地で、雄琴のソープ街のすぐ傍には温泉街があり、かつてはそこからの男性客の流入により大きく賑わったのは確かですが、実際には温泉街からは徒歩で20分ほどの距離にあるうえ、周辺は開発もされていないため店などがほとんど無く、夜になると僻地に煌々とネオンがきらめくという様子です。他に邪魔されない純粋なソープ街と言えば聞こえは良いものの、それは即ち立地が悪い田舎の僻地であるとも言えます。

ソープ街というのは、基本的にいつでも活気があって人が集まると思われがちですが、それは吉原や福原といった繁華街のすぐ傍のソープ街であり、雄琴に限ってはそれが当て嵌まりません。雄琴が本当に活気づくのは週末であり、平日には閑古鳥が鳴いているという店は珍しくないのです。平日でも客が常に居るという店は、雄琴の40店舗ほどのソープランドでも片手で数えられるぐらいではないでしょうか。

しかし、逆に考えればだからこそ平日が雄琴のソープを楽しむチャンスと言えます。客が少ないということは、予約を入れずにフリーで入っても良い女性に巡り会う可能性が高くなるということです。普段はフリーで入れないような女性であっても、フリーで入れるチャンスは高くなりますし、固定客のついていない掘り出し物の女性を見つけることが出来るチャンスとも言い換えられるのです。

ふらっと訪れるフリー客がほぼ居ないので、新人の女性などは特に入りやすくそこから新しい贔屓の女性を見つけることは難しくありません。新しい女性との出会いを求めるというのであれば、平日の雄琴というのはとても狙い目です。週末だけではなく、一度は平日の雄琴で遊んでみれば、また新しい発見があることでしょう。

雄琴VIP
体験談