年代が変わっても良質の女性が集まる雄琴ソープ
雄琴ソープ街へ出稼ぎ

高級ソープへ行くときの心得

”高級ソープ”と聞くだけで「いったいどんな店なんだろう?」と尻込みしてしまうような人もおられるのでないでしょうか? ピンサロやファッションヘルスで遊んでいる人はもちろん、大衆ソープしか経験のない人であっても、やはり高級ソープは未知の世界なのです。 現在多くのソープランドは古くから伝わるようなソープランドの風習など知らなくても楽しく遊ぶことができますが、高級ソープにしかない独特のマナーも多少は存在するのです。

●この際「パネル」のことは忘れましょう!

高級ソープランドの一つの特徴に「お店にすべて任せる」といったことがあります。 昔はパネルなどなく、口頭にて自分の外見や性格のタイプや好みのプレースタイルなどを店員に告げるのが主流で、現在でも高級ソープには少なからずこの風習が残されているところもあります。 ホームページのキャスト写真でも、アーティスティックなまでに演出されていたり、顔出しNGが多かったりしますので、現在の主流からは大きく離れていることもあるのです。 慣れない人は非常に不安ですが、この際”パネル”のことは忘れましょう。 高級店ともなると、厳正な審査をしてキャストの外見レベルは維持されていますので、タイプ違いでも「美人」は確実に出てきます。

●即即サービスが何たるか・・を知っておきましょう

現在の高級ソープならたいていのところに「即即サービス」というものが初期設定として存在しています。 個室に案内され、通常は洗体をしてからプレイに入りますが、入室後すぐにプレイが開始されます。 「洗わないままのフェラ」は”究極の奉仕精神”ということになりますが、事前にこの知識がないとかなり驚くことになります。 そして衛生意識の高い現代の若者ならば、自分の臭いが残ったまま・・ということに恥じらいを感じてしまって舞い上がったりすることもあります。 こういったことを防ぐために、まず「高級店で即即」ということを頭にしっかりと叩き込んで心の準備をし、家から出かける前には軽くシャワーと歯磨きでもし、そして待合室でトイレを借りて軽く下半身のケアを心がけましょう。

●予約確認

高級店は他のお客への配慮もあり、キャンセルを嫌います。 ですので、「予約確認」を何度もしないといけない場合もあります。 たいていの高級店は初回来店の場合は当日での予約しか受付ない場合が多いのですが、中には3日くらいまえから予約可能な店舗もあります。 こういった場合でも、3日前に1度、当日朝に1度、来店1時間前に1度としつこいくらいに予約確認を義務付けられることも珍しくありません。 中には1日数回決められた時間のみの「一斉案内」というシステムの店舗もありますので、「遅刻」などは歓迎されませんので注意が必要です。 社会人の当たり前のマナーとして認識しておきましょう。

●キャストが「冷たく」感じる・・

高級ソープは非常に高いレベルで”格式”を重んじていますので、キャストの喋り方や態度を冷たく感じてしまうお客もいるようです。 しかしこれも「丁寧語も料金の内」として納得しましょう。 もちろん、何度かお気に入りとして指名をすると徐々にフレンドリーになりますし、またそのギャップもたまらないのです。

●高級ソープ嬢は「許容範囲」が広い

ここまでは、高級ソープの”堅苦しい”部分ばかり述べてきましたが、その逆もあります。 慣れない人は「高級」と言う言葉にかまえてしまい、行儀よくなりがちです。 慣れない高級レストランに行くと、普段行儀の悪い人が恥ずかしくない行動をとろうとして肝心の味を楽しめないのと同じです。 しかし、せっかく高い料金を支払ったのですから、ぞんぶんに高級ソープの醍醐味を味あわないと損です。 実は高級ソープこそがプレイに関してもっとも「許容範囲」が広いのです。 もっと簡単に言うと「何をしても良い」ということです。 何度射精を試みようが、変わった体位を求めようが、高級ソープ嬢はたいていは応えてくれます。 そして、それこそが高級ソープの最大のメリットであり、また数回本指名を続けるとさらに許容範囲は広がっていくことでしょう。

ここまで読まれた方なら、もう高級ソープを恐れることはありません。 いくつかの注意事項はありますが、少しの予備知識があれば問題ないでしょう。 金額的に苦しさもありますが、一度高級ソープの味を知ってしまうと、その他のグレードのソープ、またはソフト系サービスの風俗などには見向きもしなくなるほど、高級ソープには魅力があるのです。

雄琴VIP
体験談