年代が変わっても良質の女性が集まる雄琴ソープ
雄琴ソープ街へ出稼ぎ

雄琴ソープ街へ出稼ぎ

ソープランド業界というのは、常に人手不足の業界であり、ソープランドの求人というのは年中無休で募集されているものです。地域にもよりますが、吉原などはそういう状態であっても有名な街ですから応募はそこそこありますが、繁華街を離れたソープランドなどでは、人手不足というのは顕著になっています。

ソープランドの求人において致命的とも言えるのが、地元の女性からの募集が少ないということです。仕事柄、友人関係や家族・親族に働いていることを知られるのが嫌という方も多いため、より人が集まりづらくなっています。そのような状況の中で、地方のソープ街が採っている手法として、大きな繁華街などから出稼ぎという形で短期の住み込みで来てもらうという方法です。雄琴のソープ街では、立地条件的にもそういった形で働く女性は少なくありません。

さて、そこで気になるのは『雄琴のソープランドへ出稼ぎに来て、稼げるのか』という疑問です。雄琴のソープ街は、他とはやや違う特殊な成り立ちをしているうえ、立地がお世辞にも良いとは言えないので、平日はそこまで人出が多いわけではありません。出稼ぎというのは1週間~1ヶ月ぐらいの期間が一般的と言われていて、雄琴のソープへの出稼ぎもそれに倣うのが通例ではあるものの、雄琴への出稼ぎに慣れている方などは、週末だけの2泊3日などの超短期の出稼ぎで集中的に稼ぐという方もいるようです。

先述の通り、雄琴のソープ街というのは平日はそこまで活気があるというわけではありませんし、立地の関係上徒歩でふらりとフリー客が来るということもありません。平日の昼間などはお茶を挽くことも多く稼げないことも珍しくありません。お店側が協力的で、ネットなどで宣伝をしてくれたりすればその限りではありませんが、そうでなければ雄琴への出稼ぎでは稼ぐことはまず出来ないでしょう。

では、出稼ぎに来る女性にはメリットが無いのかというとそうでもなく、雄琴といえば他のソープ街に比べて衛生管理に定評のある地域で、高級店であってもスキン着用が徹底されています。また、周辺にはソープランド以外のお店がほぼ無いという状態ですから、稼いでも使う場所が無いということで、結果的に貯蓄に回せるということもメリットと言っても良いかもしれません。ソープランドで働く女性の中には収入のせいか浪費癖があるという方も多いと言われていますから、そういった方には良いかもしれません。

温泉がすぐ近く、そして観光地として名高い京都も近いですから、平日は観光、週末は出稼ぎという形が取れるというのは、他の地域への出稼ぎではなかなか出来ないことですし、出稼ぎを考えている方にはオススメの場所です。

雄琴VIP
体験談