年代が変わっても良質の女性が集まる雄琴ソープ
雄琴ソープ街へ出稼ぎ

高級ソープ嬢ができるまで

風俗業界の最高峰に位置すると言われる高級ソープで働くキャスト達に興味津々な方も多いでしょう。 中には1日に10万円以上を稼ぐ子もおり、これは同年代の女性の10倍以上になります。 もちろん、それほどの料金を支払う価値があるからこそ需要があるのですが、ではいったい高級ソープ嬢はどういった道筋で店舗に入り、そして育成されていくのでしょうか?

●入店のきっかけは実に様々

現在は風俗・ソープランド専門の求人がありますので、とりあえず誰でも応募することはできます。 大衆店くらいなら、まず間違いなく「全員合格!」となりますが、高級店ではそうもいきません。 なぜなら高級店では「外見レベルも保証します」という経営方針ですので、いくらやる気があったとしても外見が及第点以下だと落とされてしまいます。 中には芸能事務所並みに「写真選考」を設けていることもあるようです。 もう一つの入り口としては、スカウトマンが街中などで見つけた美人を口説き落とすという方法ですが、たんに稼げる、という理由だけでソープ嬢になる動機にはなりにくいので、これは希少なパターンでしょう。 そして最後の入り口としては、他店ですでに人気のあるソープ嬢を、その子が持つ指名客ごと引き抜かれて入店するパターンで、クラブやキャバクラなどでよく見かけられる入店方法です。

●入店後の規則

厳しい選考を受けて晴れて入店すると、今度は各お店の厳しい規則にそった指導が行われます。 大衆店以下ならば「即戦力」として、短時間のサービス指導後にお客について稼ぐことができますが、お客第一をモットーとする高級店では経験者であっても実技指導を含めた講習が課せられます。 厳しい店舗だと衣装やメイクなどにも厳格な決まりがあり、店のコンセプトを維持することが義務づけられるのです。

●晴れて独り立ち・・

講習後にやっとパネルが作られてお客にお披露目されますが、高級店では新人はレギュラーの半分~3/2程度の金額で提供されます。 もちろんキャストの取り分もその分減りますが、これはいわばインターンのようなもので、まだ一人前とは見られていないということです。 ただし「新人」の看板を大々的に宣伝しますので、お客ににつくチャンスは先輩たちよりも多く、フリー客などにもさかんにアピールはされます。 そしてお客に対して詳しいアンケートをとり、その反応を見ながら、そのキャスト「売り方」を考えるのはアイドルなどの芸能人と同様です。

●ノルマ・指名の苦しみ

新人期間が過ぎると、ここからが大衆ソープと高級ソープの大きな分かれ道がやってきます。 大衆店以下だと指名を取っても取らなくても、結局はキャスト自信の稼ぎが変動するだけですが、高級ソープとなるとそうもいきません。 ひと月に何本・・と指名ノルマが決められ、それに満たない場合は”除籍”とする店も多くあります。 また事後アンケートの結果の悪さが続いた時なども同様で、”簡単に”首を切るのが高級店の厳しさです。 ソープランドの大義名分として「お店は女の子に部屋を貸しているだけ」ということにはなっていますが、実際にはプロデューサーとタレントのような関係であり、高級になるほどソープ嬢の自由がなくなるのが真実なのです。

どの業界であっても成功者に苦労はツキモノのようです。 風俗嬢の中の成功者である高級ソープ嬢も同様で、外見レベルなどの”才能”と、指名競争を勝ち抜く”努力”の両方を兼ね備えているのです。 こうした厳しい道程を経て高級ソープ嬢はつくられていきます。

雄琴VIP
体験談