年代が変わっても良質の女性が集まる雄琴ソープ
雄琴ソープ街へ出稼ぎ

雄琴のソープで極上の体験

表と裏の顔を持つ雄琴温泉。滋賀県の雄琴温泉のイメージは時代によって激しくアップダウンしてきました。 1970年代は、最澄が開いたとの伝説をブランドイメージにしたことと、万博の恩恵を受けたこともあって、雄琴は温泉街として発展していました。しかし、それと同時進行するように、日本初のソープランドが開かれたことで、風俗産業も栄え、この地を訪れる人の数は増していったのですが、女性客の減少という結果も招いてしまいました。 1990年代に入ると、風俗の街というイメージが定着し、一般客の足が遠のいてしまうと、雄琴の温泉街も危機感を抱き始めました。現在では、各旅館の努力もあり、クリーンな雄琴を打ち出すことに成功しており、家族でも旅行で行けるような温泉街に生まれ変わっています。 そんな雄琴温泉ですが、ソープランドが完全になくなったわけではありません。表と裏がなければコインとして成立しないように、雄琴温泉にも依然として風俗街という【裏の顔】が存在しているのです。

【夢の扉はシルクとゴールド】

雄琴のソープ街への入り口には、シルクロードとゴールデンゲートの二つがあります。シルクロードからしばらく進むと、ゴールデンゲートに出るようになっており、この二つはUの字につながっています。昭和のレトロな看板に大きく書かれた【シルクロード】と【ゴールデンゲート】の看板が、夜にはネオンで光り、夜の楽しみを求める男性を引き寄せています。 最近は法規制も厳しいため、ソープ街もおおっぴらに拡張もできず、面積そのものは大きくありません。近年では店舗数も減っているようですが、それはつまり、厳しい競争に生き残ってきたソープが数多くあるということです。当然、そこで働く女性のレベルも高いということです。 雄琴温泉街の長い歴史に見合ったハイレベルなソープ嬢があなたの訪問を待っています。

【高級ソープ嬢との忘れられないひととき】

男性によって、ソープ嬢に求めるものは変わってきますが、雄琴では、20歳になりたてのフレッシュな女の子から、大人の魅力にあふれた熟女まで、自分の好みに合った女性が見つかるはずです。せっかく旅行で立ち寄られたのなら、思い切って高級ソープで遊んでみるのも一興です。
最低5万円からと、なかなかのお値段ですが、割引がきくお店もあるので、そういったところを狙ってみるのもアリです。

雄琴のソープ街に興味を持たれたら、【滋賀県特殊浴場協会】にアクセスしてみてください。ソープ店の情報が網羅されていて、非常に使い勝手の良いサイトです。

雄琴VIP
体験談